介護保険と制度

介護1

障害者や高齢者の生活を支援すること。または高齢者・病人などを介抱し世話をすることを介護といいます。現在では要介護者を抱えた家庭の苦労や、介護される側の気苦労などが広く知られるようになり、社会全体で面倒を見てもよいという価値観が生まれてきています。また、関東圏と関西圏においても介護観の違いが報告されています。これは社会と文化の多様化および複雑化に伴うものだと考えられています。

介護観の複雑多様化は、ある意味必然的なものなのかもしれないが、その多様性に対応できる社会体制が必ずしも整っているとは限らないのです。

介護保険

介護保険そんな介護による負担を最低でも金銭面で減らそうとできたのが介護保険法です。日本では医療機関の利用に使う金額に関しては、世界各国どこから見ても比較的低価格です。大抵の人がアメリカに行ったときに驚くのが、医療費と言われているほどです。自動車保険のことなら日本とアメリカで驚くほど違いがないのかもしれませんが…

日本は医療保険や年金保険制度があり、国民は高齢者になり収入がなくなれば年金で生活し、病気になれば健康保険で治療を受けることができます。介護に関しては家族の世話によって賄ってきました。ところが世界にも類を見ない急速な少子化、高齢社会になり今までの制度では医療費を賄えず、財源が破綻の危機にさらされるようになりました。そこで、2000年より施行されたのが、介護保険制度です。

着服した年金を使っていれば、多少は賄えたはずですが、こういうこと言うと耳をふさぐのでどうしようもないです。

それはさておき、被保険者は強制的に保険料を市区町村に支払わせなくてはなりません。そして、要介護が必要となったら市区町村に介護認定の申請を出します。その後市区町村より溶解ごと認定されると、介護保険を利用することができ、介護サービスを上限額までなら、1割負担で利用できるようになります。

被保険者

介護の必要な高齢者が介護サービスを受けるために、被保険者は保険者である使用損に保険料を支払う義務があります、この被保険者は40歳以上が対象となります。さらに、第一、第二と分かれ支払額にも違いがあります。

第一号被保険者

年齢は65歳以上が対象で聴衆方は年金から負担額を差し引かれる特別徴収と、納入通知による徴収する普通徴収があります。保険料の額は所得段階により下記のとおり8段階に分かれます(ただし、市区町村により段階と所得基準に若干の差はあります)。

段階

条件

第一段階

老齢福祉年金受給者かつ世帯全員が住民税
非課税者/生活保護受給者の方

基準額×0.5

第二段階

世帯全員が住民税非課税で、合計所得
+課税年金収入が80万円以下の方者

基準額×0.6

第三段階

世帯全員が住民税非課税で、上記以外の方

基準額×0.75

第四段階

本人が住民税非課税の方

基準額×1.0

第五段階

本人が住民税非課税者で、
合計所得金額が200万円未満の方

基準額×1.25

第六段階

本人が住民税課税者で、合計所得金額が
200万円以上400万円未満の方

基準額×1.5

第七段階

本人が住民税課税者で、合計所得金額が
400万円以上700万円未満の方

基準額×1.75

第八段階

本人が住民税課税者で、
合計所得金額が700万円以上の方

基準額×2.00

注目サイト

軽井沢 不動産

ダンスを専門学校で学ぶ

株式会社ネクサー

2017/9/29 更新

次のページへ続く