介護保険と制度

介護サービスの内容

介護保健で受けられる、介護サービスは、在宅介護サービスと施設介護サービスに分けられます。有料老人ホームやグループホームは、その施設で共同生活を行うのが前提でもあるので、在宅介護に区分されています。

在宅介護サービス

自宅で受けられるもの

訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具レンタル・購入、住宅改修、ケアプランの作成などは、自宅で受けられるサービスで、主に介護事業者が家に訪問して、介護を行います。

日帰りで施設を利用する

デイサービスはデイサービスセンターで入浴、食事の提供、健康チェック、生活指導などの向上を目指すリハビリを行います。デイケアは介護老人保健施設や病院などで心身機能の維持回復を図ります。日常生活の自立のためのリハビリも行います。

短期期間施設で生活

短期入所者生活介護は特別養護老人ホームなどの指定介護老人福祉施設に短期間入所し、入浴、排泄、食事等の介護や日常生活の介助を受けます。短期入所者療養介護では介護老人保健施設や指定介護療養型医療施設等に短期間入所し、看護、医学的管理の下で介護や日常生活の介助を受けて、機能訓練なども行います。

施設で生活しながら受ける

認知症対応型共同生活介護は認知症と診断された要介護者が、5〜9人で共同生活を送り、介護や日常生活の介助を受け、機能訓練も行います。特定施設入所者生活介護は有料老人ホームや軽費老人ホームの入所者が、その施設で特定施設サービス計画に基づき、介護や日常生活、療養上の介助を受け、機能訓練を行います。

施設介護サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などが上げられます。自宅での困難な方、自宅に戻ることを前提とする方、または症状が安定している長期療養が必要な方などが介護や日常生活、療養上の介助を受け、機能訓練を行います。

地域密着サービス

認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護などがあります。


>>免疫療法について

改正後

2006年に改正したことにより、サービスは今までと同じように、自立意識を促すことを重点を置き、ダービスの内容もほとんど変わりません。また、サービスの提供だけでなく、今よりも健康になる可能性を判断します。

変わったのは地域密着型のサービスへと転換したことでしょう。これまでの要介護者は生活する場を自宅か施設以外に選択できませんでしたが、住み慣れた場所を離れるのは高齢者の方でなくともさびしいことです。そこでバリアフリーや生活支援サービスを充実させた多様な地域密着型介護サービスを提供し、住まいの選択肢を広げて、高齢者が介護が必要になってもなるべく住みなれた地域で暮らせるようにと、地域密着サービスが創設されました。提供されるサービスは以下の6つです。

・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・認知症対応型共同生活介護
・認知症対応型通所介護
・小規模多機能型居宅介護
・夜間対応型訪問介護

注目サイト

プレイマットの通販

Last update:2017/8/25