介護保険と制度

リハビリテーション(リハビリ)

障害を持った方などの人たちが生活していく手段を得るためのアプローチの総体を指すことを、リハビリテーション(rehabilitation、リハビリ、リハとも)といいます。アプローチの手段としてはひとつでしかない「治療体操や運動療法」自体(歩行訓練など)が「リハビリテーション(以下、リハビリ)」と動議で呼ばれることがありますが、リハビリ自体が「アプローチの総体」を指すので、的確な意味とにはしにくいのです。

リハビリの語源とされるのはmラテン語で「本来あるべき状態への回復。権利の回復、復権。協会からの波紋の取り消し」などの意味合いがあります。「ルネサンス(再生)」が最も近い類義語になると思います。

現代的なリハビリテーションの意義・目的・行為は、第二次大戦中に激増した傷病兵に残る身体障害が社会問題化したことからアメリカで始まったとされています。戦傷者を対象として発祥した分野とはなりますが、先進国では脳卒中や神経疾患の後遺症、老年痴呆への対策としてリハビリテーションの重要性が増してきている、一方、政情不安定地域ではいまだに爾来被害の後遺症などへのリハビリテーションの必要性がなくならないままとなっています。

医学的、社会的リハビリテーション

リハビリテーションの対象たる障害は、医学的因子による障害(インペアメント)とインペアメントに伴って社会的に生ずる障害(ディスアビリティ)とに大別され、リハビリテーションは、それぞれに対応する方策として「医学的リハビリテーション」と「社会的リハビリテーション」とに大別されます。しかし、社会的に生ずる障害でありながら、社会的リハビリテーションが困難な場合には、医学的リハビリターションが実施されるなど、交互のリハビリテーションの目的を得るためには、重畳的なアプローチが要請されます。

社会的リハビリテーションにおいては、現代日本で「全人間的復権」と言う概念です。医学的リハビリテーションにおいては、本来は「障害の克服」と言う概念でしたが、WHOによる国際障害分類(IDH)が国際生活機能分類(ICF)へと改定されてから、「生活機能の改善・向上」という概念へと変化しました。

障害の分類

WHOが提唱したICF「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版」によると障害は以下のように分類されます。

機能障害(impairments)

臓器レベルの障害です。心身機能や身体構造の障害で、治療による改善を目指す。頚髄損傷や四肢麻痺などが例として挙げられます。

活動制限(activities)

個体レベルの障害です。固体が活動する際に生じる障害で、福祉用具を使用して動作の獲得を目指します。例としては歩行障害などが挙げられます。

参加制約(participation)

社会レベルの障害です。社会的活動に参加しようとする際に生じる障害で、改善には社会環境の整備が必要となります。例として挙げると、就職困難などです。

日本の対策

機能障害の対策

理学療法、作業療法、言語聴覚療法などによる治療的介入や、透析導入、心臓ペースメーカー埋め込みなどの治療が行われます。

能力生涯の対策

理学的療法、作業療法、言語療法では残された能力を用いてADLを遂行する介入を行うほか、装具・用具を用いて動作の自立をアプローチを用います。下肢麻痺の患者が車椅子を用いることで意動力を補うなどがその一例です。

社会的不利の対策

社会福祉サービスの施設利用や現物支給など、行政との連携が重要になる日本では社会の高齢化が進むことにより、従来家族間、地域間の互助共助により支えられてきた介護ニーズを社会的に保証することが必要であると認識に立ち、介護保険制度が始まった。

check

宮古島ダイビングを少人数で行う

2017/9/28 更新